読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家のキッチンは他所の家。おうちでデビュー、豚肉とナスとピーマンの炒め物

f:id:cookyum:20161016104227j:plain

 

2016/10/15(昼)

 

お料理をしない世の中のお父さん、

いろいろな理由があると思うが、

僕の場合はいろいろと口出しされたことが大きい。

 

「何度も使ってるのにある場所も分からないの?」

「キッチン汚さないでよ。」

「あの材料、○○に使おうと思っていたのに。」

etc・・・

 

何か言われるかもしれないと萎縮もする。

気分も悪くなり「もういい、絶対やらない」と思ってしまった。

 

旦那がたまにお料理やるよという家庭に聞いてみると、

「聞かれるまで勝手にやらせている」

「食材はなくなっても買いに行けばいいと好きに使わせている。」

らしい。

 

ああ、奥様がこうだったら・・・。

他所の芝生は青い(笑)

 

自分が萎縮してしまうと、

他人の家の冷蔵庫の食材を使って料理する状況に近いものになり、

何もできなくなる。

 

近くて遠い自分の家のキッチン・・・・

それを打破したくてお料理はじめたわけですが(笑)

 

自分の家の冷蔵庫の中をのぞきました。

野菜は適度にあり肉はない状況。

 

「あの材料、○○に使おうと思っていたのに。」と言われないために

作れそうなものは、オムライスくらい。

 

使ってもまず安全牌な卵、少量のハム、野菜を使って

オムライスなら作れると分かっただけでも素晴らしい進歩。

 

冷蔵庫チェックをした後日、

ご飯を勝手に食べてという状況がきました。

 

冷凍食品があると聞いていましたが、

できれば違うものが食べたい。

 

冷蔵庫をのぞくと鍋で使って余っているお肉がある。

使っても大丈夫な量のピーマンとナスもある。

 

自分でお料理をはじめて、

この量なら使っても大丈夫だろうという目安が分かったのも

大きいような気がする。

 

その食材で炒め物。

青椒肉絲とややかぶってますが(笑)

 

おうちでごはんデビュー達成。

少しだけ自分の家のキッチンが身近になった。

 


にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村