読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

簡単な一手間でワンランク上のおつまみに、チーズの黒胡椒がけ

f:id:cookyum:20161125233044j:plain

 

2016/11/19(夜)

 

今日は麻婆豆腐を作って食べた。

しかし写真を取り込みそびれた(笑)

 

仕方ない・・それは後日として・・

以前作ったおつまみでも(笑)

 

本棚におつまみの本が一冊ある。

これが本当に簡単に作れそうなものばかり載っている。

 

おつまみには時間をかけずに美味しいものを作り、

お酒を飲む時間を楽しもう的な料理ばかり。

 

著者の酒好きっぷりが出ている

とっても好感の持てるメニュー。

 

実際、けっこうこの本はけっこう売れたみたいです。

 

その中から選んだのは、チーズの黒胡椒がけ。

適当な安いチーズに胡椒をガリガリとふりかける。

 

それだけで安いチーズがワンランク上のおつまみに。

 

いいおつまみを食べながら、

いいお酒飲んでリフレッシュ。

 

でも、今日のおつまみは・・・

かっぱえびせん・・・(笑)

 

参考レシピ

*1" src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51Mkt8GC2FL._SL160_.jpg" alt="おつまみ横丁-すぐにおいしい酒の肴185 *2" />

おつまみ横丁-すぐにおいしい酒の肴185 *3

 

 


にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

*1:池田書店の料理新書シリーズ

*2:池田書店の料理新書シリーズ

*3:池田書店の料理新書シリーズ

お洒落感でお料理出来る人に見えてしまう、アジのカルパッチョ

f:id:cookyum:20161124172131j:plain

 

生で食べられるうちは生で食べたいというもの。

そのまま切っただけでも美味しいのは間違いないのだが、

見た目的に飽きてしまうので・・・(笑)

 

生で食べれるものですぐに思いつくのが

カルパッチョ

 

醤油の代わりに、

塩やオリーブオイルやビネガーで味付ける。

 

一番の特徴は、

お洒落に見えること。

 

刺身とたいして変わらないのに、

料理出来る人に見える感がはんぱない(笑)

 

 


にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

新鮮なアジはやっぱりお刺身がいい、アジのお刺身

f:id:cookyum:20161123130804j:plain

 

2016/11/21(夜)

 

お料理をはじめてみると、

なんとなく手間をかけたもののほうが

すごい料理に思えてくる。

 

手間はそうでなくても、手間がかかっているようにみえたり、

手間はかかっているのに、そのように見えなかったり。

 

手間がかかろうが、かかるまいが、

美味しいものが美味しい。

 

凝ってて美味しいものは、

お料理している人も、食べる人も満足感が高そうだけれど。

 

釣ってきたアジをどのように食べるか。

やはり釣ったアジは刺身がいい。

 

凝ってない代表格(笑)

 

柵にしてあったアジを切ってショウガをのせるだけ。

あっという間にできあがり。

 

美味しいんだなぁ・・切るだけなんだけど(笑)

 


にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

安定の味、鳥モモ肉の照り焼き

f:id:cookyum:20161123033700j:plain

 

2016/11/22(昼)

 

ストレスからかがっつり食べたい気分。

アタマを使いたくないので焼きたかった。

 

薄切り肉よりも時間はかかりそうだったが、

何も考えず冷凍庫の鶏モモ肉を照り焼きにした。

 

1.5〜2人前はあるがペロリとたいらげ

すぐに仕事に戻る。

 

心に余裕がないと

お料理での新しい発見もない。

時間はなくとも心の余裕はほしい。

 


にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

リベンジ!クリーミーで美味しいカルボナーラ

f:id:cookyum:20161121155829j:plain

 

2016/11/21(昼)

 

カルボナーラの大失敗が気になっていた。

同じ材料がまだ冷蔵庫に残っている。

もう一度やってみよう。

 

あまりに悔しいし(笑)

 

週末分の日にちがあいてしまったが、

すぐに同じことをやってみると、

案外覚えているので2度目の方がラクだ。

 

同じ作業をするので、

心と時間に余裕がある。

 

レシピ本を確認する前に

料理にどんどん火が入ってしまうという失敗も減る気がした。

 

同じ過ちをおかさないように

火を止めて緊張しながら卵を入れる。

 

リベンジ成功。

クリーミーで美味しいカルボナーラになった。

 

同じレシピ本を見て作っても、

これだけの失敗と成功にこれだけの差があるとは。

 

失敗したことに気づかなかったら、

レシピが悪いとおもっちゃいそう(笑)

 

 

参考レシピ

PASTA ―基本と応用、一生ものシェフレシピ100

PASTA ―基本と応用、一生ものシェフレシピ100

 


にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

2つも失敗やらかして・・・、パサパサなカルボナーラ

f:id:cookyum:20161118231838j:plain

 

2016/11/18(夜)

 

お気に入りになりそうなパスタの本を参考に、

違うソースのパスタに挑戦してみることにした。

 

レシピに書いてあるパンチェッタは用意できなかったので、

とりあえず薄切りベーコン。

厚切りにしたかったが仕方ない。

 

チーズだけは外せないと思って、

パルミジャーノチーズを近所で買ってきて調理開始。

 

パルミジャーノチーズの香りに胸を膨らませて作ったが、

考えごとしながらやってたら失敗・・・。

 

ぼーっとやっていて失敗にあまり気づかなかったので、

後から考えて失敗点を思い出す。

 

たぶん失敗は2カ所。

 

まず、火。

火を止めて卵混ぜろと書いてあったけど、

途中まで気づかずに火をつけたままだった・・・。

炒り卵作るわけではないのだった。

 

そして分量。

一人分なので半分の量で作っていたのだが、

チーズだけ2人分にして卵に混ぜていた・・・と思う。

たぶん(笑)

 

卵に火を入れ過ぎなくても・・・

たぶん失敗していたカルボナーラ・・・。リベンジ決定。

 

失敗したからこそ注意点が分かるもの。

次こそ。

 

ぱさついたカルボナーラだけど、

チーズの風味だけは最高(笑)

 

参考レシピ

PASTA ―基本と応用、一生ものシェフレシピ100

PASTA ―基本と応用、一生ものシェフレシピ100

 


にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

シンプルなパスタをきっちりと、トマトソースのスパゲッティーニ

f:id:cookyum:20161117155511j:plain

 

2016/11/17(昼)

 

食材があまりないとき、何を作るか思いつかなかったとき、

そこら辺の材料で手軽に作れるパスタ。

 

手軽だし適当でもそれなりに美味しいから、

ほんとに適当に作ってしまうパスタ。

 

パスタのバリエーションをいといろ持っていたら、

かなり便利な気がする。

 

お店で食べるようなパスタも作ってみたい。

 

そうだ、パスタの本買おう(笑)

 

パスタしか載っていないレシピ本。

パスタのゆで方から、乳化のさせ方、混ぜ方など、

食材を調理する前のこともしっかり載っていた。

 

ここまで書いてあるのは、さすがパスタオンリーの本。

親切丁寧。

 

まずは1ページ目。

トマトソースのスパゲッティーニ。

 

ポモドーロ。

トマト缶と、湯むきしたトマトを混ぜて作る。

 

まずは茹で方と乳化の練習。

麺をゆでるポイントは、最低2リッター以上の水で・・・。

 

そんなに水が入る鍋ないから(笑)

 

茹でる時の塩の量もはっきり書いてある。

お湯の加減もしっかり書いてある。

 

悩まない(笑)

 

ソースを作ってから、1.5リッターの水で麵を茹でる。

1口コンロなのがもどかしい・・・。

 

ソースとからめて乳化させて完成。

 

多くの水で茹でることは無理だ。

やはりコンロが1口なのでレンチンに頼ることになるだろう。

しかしレンチン容器で塩加減を同じようにして今度やってみよう。

 

シンプルだけど、とても美味しく出来た。

 

 

参考レシピ

PASTA ―基本と応用、一生ものシェフレシピ100

PASTA ―基本と応用、一生ものシェフレシピ100

 


にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村